【Visual Studio】ASP.NET Webアプリケーション(.NET Framework) が見つからないときの対処法

【Visual Studio】ASP.NET Webアプリケーション(.NET Framework) が見つからないときの対処法

Visual Studioを使ってC#でWebアプリを作成したいときってありますよね?

ASP.NET Webアプリケーション(.NET Framework)でプロジェクト作りたいけどどこにも見当たらない…そんなときがあります。

そこで今回はVisual StudioでASP.NET Webアプリケーション(.NET Framework)を使えるようにする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Visual StudioでASP.NET Webアプリケーションを開発

Visual StudioでASP.NETを使ってWebアプリケーションをつくるときにテンプレートが見つからないときの対処法についてご説明します。

ワークロードの確認

まずはVsual Studioを開いて新しいプロジェクトの作成をクリックします(下図)

すると様々なテンプレートの種類が表示されます(NUnitテストプロジェクト、Web Driver Test for Edge(.Net Core)など)

多くのテンプレートが表示されていますが、下にスクロールをし続けると探しているものが見つからない場合更にツールと機能をインストールするというメッセージが表示されるのでクリックします(下図)

するとワークロードが表示されるのでASP.NETとWeb開発にチェックを入れてください(下図①)

次に画面右のインストールの詳細で.NET Frameworkプロジェクトと項目テンプレート追加のプロジェクトテンプレート(以前のバージョン)にチェックを入れます(下図②)

最後に変更をクリック(下図③)すれば完了です!

普通にインストールするとASP.NET Coreのテンプレートがインストールされています。

ところがASP.NETはASP.NET Coreの前のバージョンなのでデフォルトではインストールされないみたいですね。。。

ASP.NETとASP.NET Coreの関係

ASP.NET CoreはASP.NETの次期バージョンで、Windows、mac OS、Linuxといった様々なOSで動作するWebアプリケーションをつくるためのフレームワークです。
 

歴史はASP.NETの方が長く、企業の業務向け開発実績はASP.NETの方があります。
 
これからはASP.NET Coreが主流になってくると思いますが、開発初心者の方にはASP.NETからの学習をおすすめします。

スポンサーリンク

テンプレートの確認

最後にASP.NET Webアプリケーション(.NET Framework)がインストールされているかを確認します。

Visual Studioを開いて新しいプロジェクトの作成を行います。そして下画面右のテンプレート名を見てみるとASP.NET Webアプリケーション(.NET Framework)が入っていることがわかります↓

こたろー
こたろー

大成功!!

まとめ

今回は「【Visual Studio】ASP.NET Webアプリケーション(.NET Framework) が見つからないときの対処法」を解説しました。

・ASP.NET Webアプリケーション(.NET Framework)はデフォルトではテンプレートがない
 
ASP.NETはASP.NET Coreの前のバージョンなのでデフォルトではインストールされない
 
・ワークロードからインストールの詳細設定の追加修正を行う

こたろー
こたろー

以上、こたろーでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA